ナイトブラとノンワイヤーブラの違いって?代用は可能?

ノンワイヤーブラとナイトブラの違いが気になる女性

夜寝る時にノーブラだと、胸の形が崩れそうで怖いですよね。

かといって強い締め付けは嫌で、比較的ゆるめの「ノンワイヤーブラ」を使っている人は多いかもしれません。
 

寝るとき専用の「ナイトブラ」も、日中用のブラと比べてゆったりとしたつけ心地で、こちらを使っている人もたくさんいます。

ナイトブラとノンワイヤーブラはよく似ていますが、実はその効果に違いがあります。
 

今回はノンワイヤーブラとナイトブラの違いと、どちらかで代用できるかについて見ていきましょう。

ノンワイヤーブラってどんなもの?

一般的なブラと違って、ワイヤーが入っていない「ノンワイヤーブラ」

ノンワイヤーブラは、どのような作りで、どんな特徴があるのでしょうか?

ノンワイヤーブラの作りは?

ノンワイヤーブラは「ゆるブラ」とも呼ばれるほど、ゆったりとした作りになっています。

伸縮性のある生地を使っており、ワイヤーが入っていないだけで、形はワイヤー入りのブラと同じようなタイプが主流です。
 

日中用のブラに入っているワイヤーは、バストを支える役割があります。

ノンワイヤーブラにはそのワイヤーが入っていないため、バストを支える力が弱いです。
 

ただしカップが成型されているモールドタイプのノンワイヤーブラなどは、バストの位置を安定させる働きがあります。

ノンワイヤーブラはどんな時に使う?

ノンワイヤーブラは着け心地が楽なため、リラックスしたい時に使います。

ワイヤー入りのブラのような、バストへの締め付けが強いのは苦手な人は、家でくつろぐ時などにノーブラで過ごすよりは、ノンワイヤーブラを着けると良いでしょう。
 

またノンワイヤーブラは、ヨガなどの動きが激しくない運動をする時にも重宝します。

運動をする時にワイヤー入りのブラを着けていると、ブラのズレやワイヤーの食い込みなどにより、肌やバストを傷つけてしまいます。
 

しかしノンワイヤーブラは伸縮性に優れているため、運動をしても肌やバストが傷つきません。

ただし激しい運動をする時には、胸を固定する効果の強い、スポーツブラを使って下さい。

ノンワイヤーブラの特徴は?

ノンワイヤーブラは、着けていることを忘れるくらいソフトな着け心地で、体にフィットします。

またノンワイヤーブラは締め付けが弱いため、肌に跡が付きにくく、肌や胸への負担がありません。
 

しかしノンワイヤーブラはゆるい分、ワイヤー入りのブラに比べると、バストを支える力が弱いです。

ノンワイヤーブラは楽に身に着けられる代わりに、胸が垂れたり型崩れしやすくなります。
 

ノンワイヤーブラの平均価格は、1枚2,000円前後です。シンプルな作りのものは価格が安く、1,000円以下で買えるものもあります。

ただしバストの下垂を防ぐ作りになっていたり、デザインにこだわりのある商品は、ワイヤー入りのブラと同じか、それ以上の価格になっています。

ナイトブラってどんなもの?

ナイトブラとは、寝る時に着けるブラです。寝ている間のバストをサポートするため、安眠効果があります。

ナイトブラについて、詳しく見ていきましょう。

ナイトブラの作りは?

ナイトブラの形は、肩や脇、背中などの生地が広くなっているスポーツブラのようなタイプや、ワイヤー入りのブラと同じようなタイプがあります。

縫い目が無い、シームレスタイプのブラもあります。
 

バストが横に流れず中央に寄るように、胸前の生地が斜め上に向かってクロスしているタイプや、胸前のアンダーバスト部分で、レース生地をクロスして、ホックで留めるタイプのナイトブラもあります。

ナイトブラも、肌を傷つけないようにノンワイヤーですが、ノンワイヤーブラとは違い、寝る時の姿勢や胸の形に合わせて作られています。
 

商品によって違いますが、アンダーに幅広のゴムが使われているなど、バストをサポートするための工夫がされています。

ナイトブラはどんな時に使う?

ナイトブラは名前の通り、夜寝る時に使います。

寝ている間にノーブラだと重力によって、バストが垂れたり離れたりしてしまうのです。
 

しかしナイトブラを着けることで、寝ている間のバストの揺れを軽減し、胸を寄せ上げます。

日中も着けたい場合は、実は一日中着けていられるナイトブラもあります。
 

一日中着けられるタイプは、ホームページなどに「24時間着けていられる」「日中も着けられる」と記載されています。

ナイトブラの特徴は?

ナイトブラは、胸まわりの脂肪をバストに寄せ集めて固定するため、バストアップが可能です。

ノーブラで寝ると、寝返りを打つ時などにバストが脇の方へと流れるため、胸が小さくなってしまいます。
 

しかしナイトブラの背中や脇の幅広い生地が、横に流れたぜい肉を胸の方に寄せ集めます。

またナイトブラはバストの下垂を防ぎ、中央に寄せて形を整えます。
 

ノーブラで寝るとバストが揺れ、胸を支えている組織であるクーパー靭帯(じんたい)が伸びやすくなります。

このクーパー靭帯が伸びたり切れたりすると、バストが垂れるのです。
 

しかしナイトブラを着けて寝ることで、胸の揺れを軽減し、下垂を防ぎます。

ナイトブラの平均価格は、1枚3,000円前後です。
 

ナイトブラにはバストアップ効果や胸の形を整える機能が付いているため、ノンワイヤーブラよりは少し高めです。

しかしセット買いをすれば、1枚あたりの単価が安くなるものが多いです。

ノンワイヤーブラをナイトブラとして使うのはNG?

ノンワイヤーブラは、ナイトブラの代わりとして使えるのでしょうか?

ノンワイヤーブラとナイトブラの違いを、表にしてみました。

ノンワイヤーブラとナイトブラの比較

ノンワイヤーブラ ナイトブラ
作り ・ゆったりとしている
・日中の姿勢や胸の形に合わせた作り
・締め付けが弱い
・スポーツブラのような形や、
ワイヤーブラと同じような形などがある
・ノンワイヤー
・寝る時の姿勢や胸の形に合わせた作り
使う時 ・リラックスしたい時
・動きが激しくない運動をする時
・夜寝る時
特徴 ・肌や胸への負担がない
・着け心地が楽
・胸を支える力が弱い
・バストアップ効果
・胸の形を整える

ノンワイヤーブラには、ナイトブラのような補正効果は無い

表を見て分かる通り、ノンワイヤーブラは、ゆったりとしていて着け心地が楽な分、ナイトブラにあるような、バストを支えたり整える働きがほぼありません。

そのためノンワイヤーブラを着けていても、胸が揺れるのを防げず、垂れてしまいます。
 

さらにナイトブラは寝る時の姿勢や胸の形に合わせた作りになっていますが、ノンワイヤーブラはあくまで日中に着けることを想定して作られています。

就寝中にノンワイヤーブラを着けた場合、バストが横に流れるのを防げず、型崩れします。

ノーブラよりはノンワイヤーブラを着けよう

リラックスできるからと言ってノーブラで過ごしていると、バストが潰れたり、下垂する原因になります。

そのためワイヤー入りのブラや、ナイトブラの締め付けが苦手な人は、ノーブラよりはノンワイヤーブラをする事をオススメします。
 

バストケアをきちんと行いたいなら、日中はワイヤー入りのブラで胸を支え、夜は適度な寄せ上げのナイトブラを着けて、胸の下垂を防ぎましょう。

 

以上、ノンワイヤーブラとナイトブラの違いと、どちらかで代用できるかについて見ていきました。バストの垂れや型崩れを防ぐためには、ナイトブラがオススメです。

夜のバストケアにオススメのナイトブラを、以下で紹介していますので、良かったら見てみて下さい。

 
  ナイトブラのおすすめランキングはコチラ

この記事のまとめ
  • ノンワイヤーブラは着け心地が楽なため、リラックスしたい時に使える
  • ナイトブラは胸まわりの脂肪を胸に寄せ集めたり、中央に寄せて形を整える
  • ノンワイヤーブラは日中の、ナイトブラは寝る時の、姿勢や胸の形に合わせて作られている
  • ノンワイヤーブラをナイトブラとして使うと、胸が型崩れしたり、垂れてしまう