【食事で胸を大きくする】バストアップできる食べ物は?

バストアップできる食べ物

バストアップするには、色々な方法があります。

でも豊胸手術は肌に傷が残るし、バストアップサプリは、月経不順や不正出血などのリスクがあるのです。

胸は大きくしたくても、体に負担は掛けたくないですよね。

健康的に胸を大きくするなら、食事から変えてみるのがオススメです。
 

食事でバストアップできるなら、体へのリスクがなくて安心です。

胸を大きくするのに効果的な食べ物には、何があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

バストアップに効果的な成分は?

女性らしい体つきの形成や、健康的なバストアップに欠かせないのが「女性ホルモン」です。

女性ホルモンは、妊娠・出産ができる体を作るために分泌されます。
 

そのため女性ホルモンの分泌量が増えると乳腺が発達し、乳腺周りの脂肪が増えるため、胸が大きくなります。

参考

医師に聞いた!貧乳・巨乳になる理由産経ニュース

バストアップに必要な成分には、何があるのでしょうか?

イソフラボン

イソフラボンは、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」と似た働きをします。

女性ホルモンの分泌量は、加齢や生活習慣によって減少します。
 

しかしイソフラボンを摂取すると、脳が女性ホルモンの分泌量が増えたと錯覚し、乳腺が発達します。

イソフラボンは、大豆製品に含まれています。
 

大豆製品には納豆やみそ、しょう油、豆腐などがありますが、特に含有量が多いのが「豆乳」です。

イソフラボンの一日の摂取量目安は75㎎とされており、無調整豆乳や調整豆乳であれば、一日にコップ約1杯分、豆乳飲料ならコップ約2杯分の量です。

タンパク質

タンパク質は女性ホルモンの分泌を促し、筋肉を作る働きがあります。

前胸部でバストを支えている筋肉・大胸筋が衰えると、バストが垂れる原因となります。
 

そのためタンパク質を充分に摂って、筋肉をつけることも大切なのです。

タンパク質を豊富に含む食品には、鶏肉、レバー、卵、チーズやヨーグルトなどの乳製品があります。
 

タンパク質の中でも「必須アミノ酸」は、体内で作れないため、不足しやすいです。

しかし良質なタンパク質には、必須アミノ酸がバランス良く含まれています。
 

必須アミノ酸も摂取できるのが、マグロやカツオなどの赤身の魚や、大豆です。

大豆はイソフラボンも含んでいるため、バストアップには最適の食材ですね。

ボロン

ボロンには、エストロゲンを活性化させる働きがあるため、胸を大きくすることが可能です。

また血液をサラサラにする効果もあります。
 

ボロンはキャベツに多く含まれています。

キャベツを1日一玉食べ続けて、バストアップに成功した芸能人もいるほどです。
 

他にボロンを含む食材は、アーモンド・ピーナッツなどのナッツ類、ワカメ・ひじきなどの海藻、リンゴ・ブドウなどの果物です。

果物には糖分が多いため、食べるなら体に蓄積しにくい朝がオススメです。
 

ボロンの摂取量は1日3gが目安とされており、キャベツなら葉っぱ約1、2枚分、リンゴなら約1個分です。

コラーゲン

胸を支えているクーパー靭帯(じんたい)は、コラーゲンでできている線維組織です。

クーパー靭帯は伸びたり切れたりするため、コラーゲンを摂取することで、バストの垂れや型崩れを防げます。
 

コラーゲンは鶏肉の皮の部分、豚肉、フカヒレなどに多く含まれます。

肌にツヤや潤いを与える成分でもあるため、バストにハリが出ます。

ビタミン

美容に良いとされるビタミンは、バストアップにも効果的です。

特にオススメなのは、以下の通りです。

ビタミンE

ビタミンEは女性ホルモンの分泌を活性化させ、血流を良くする働きがあります。

血流が良くなると、バストにも必要な栄養が行き届くため、バストアップに繋がります。
 

アーモンドなどのナッツ類、カボチャやニンジンなどの緑黄色野菜、アボカド、玄米、うなぎに多く含まれています。

ビタミンC

先ほど紹介したコラーゲンを作るには、実はビタミンCが必要です。

バストの型崩れを防ぐためには、ビタミンCも摂りましょう。
 

またビタミンCには、アンチエイジング効果があります。肌の老化を防ぎ、美白などにも効果的です。

ビタミンCが多く含まれているのは、果物ならアセロラやキウイ、野菜ならピーマンやキャベツなどです。
 

ビタミンCを摂って、いつも若々しくハリのあるバストを維持したいですね。

バストアップにオススメの食事メニューは?

胸を大きくする効果のある食材を、日頃のメニューに取り入れれば、効率良くバストアップできます。

胸を大きくするために、オススメの食事メニューはこちらです。

キャベツと鶏肉のサラダ

ボロンやビタミンCを含むキャベツと、タンパク質やコラーゲンを含んだ鶏肉を使ったサラダは、簡単に作れてヘルシーな上に、バストアップにも効果的です。

ボロンは熱に弱い性質があるため、キャベツは加熱せずに生で食べた方が、効率良くバストアップできます。
 

4人前の材料は、鶏むね肉1枚と、キャベツは1/4~1/2個、ニンジン1/2本です。

作り方
  1. 鶏むね肉は筋に沿って切り、酒大さじ1杯を加え、レンジで3~4分加熱します。
  2. 加熱が終わったら鶏肉を手で裂き、塩こしょうとサラダ油大さじ1を加えます。
  3. キャベツとニンジンを、細切りにしてから塩もみします。
  4. タレはしょう油・麺つゆ・ゴマ油各大さじ1と、酢大さじ2、一味唐辛子とゴマをお好みで入れたら完成です。

豆腐とニンジンのしりしり

イソフラボンやタンパク質を多く含んだ豆腐と、ビタミンが豊富なニンジン、タンパク質の卵とツナを使ったしりしりは、栄養たっぷりで、女性ホルモンの分泌を促す成分が沢山含まれています。

4人前の材料は、木綿豆腐1丁とニンジン1本、ツナ1缶、卵2個です。

作り方
  1. 木綿豆腐の水気を切り、レンジで約1分温めます。
  2. 次にニンジンの皮をむいて、千切りにします。
  3. ツナを油ごとフライパンに入れ、ニンジンを入れて炒めたら、塩こしょう少々と、豆腐を適当にちぎり入れて炒めます。
  4. 真ん中を空けて、卵2個を溶いて流し入れたら、麺つゆを1周半回して掛けて、完成です。

お好みでゴマを掛けても美味しいですよ。

バストアップにNGな食材は?

バストアップに効果的な食材がある一方で、女性ホルモンの分泌を抑制する食材もあります。

食べ物でバストの発育を妨げるのは、避けたいですよね。
 

胸を大きくするためには、どんな食べ物に注意すれば良いのでしょうか?

アブラナ科の野菜

アブラナ科の野菜には、バストアップを妨げる成分が2つも含まれています。

一つはエストロゲンを減らす「亜鉛」、もう一つはエストロゲンの働きを抑える「インドール」です。
 

アブラナ科の野菜には、大根やブロッコリー、カリフラワー、かぶ、ケールなどがあります。

実はキャベツもアブラナ科の野菜なのですが、キャベツの場合はボロンやビタミンCを豊富に含むため、他のアブラナ科の野菜と違って、バストアップ効果の方が高いです。

柑橘(かんきつ)類

柑橘類はビタミンが豊富な果物のため、美容には良いイメージが強く、バストアップにも効果がありそうですよね。

しかし実はみかんやオレンジ、グレープフルーツ、レモンなどの柑橘類は、エストロゲンを解毒してしまう働きがあります。
 

果物はビタミンが豊富なものが多いですが、柑橘類の摂取は控えましょう。

コーヒー

コーヒーに含まれる「カフェイン」は脂肪を分解し、体を冷やす働きがあります。

カフェインを摂取すると、消化酵素であるリパーゼが脂肪細胞を分解するため、バストが小さくなります。
 

またカフェインは体を冷やす働きがあるため、血流が悪くなり、バストには悪影響です。

さらに覚醒作用もあるため、睡眠前に飲むと眠れなくなる事もあります。
 

きちんと睡眠が摂れないと、成長ホルモンの分泌を妨げてしまい、バストアップしづらくなります。

 

以上、バストアップできる食べ物を見ていきました。

日頃の食事に意識して、バストアップできる食材を取り入れることで、健康的に胸を大きくしたいですね。
 

以下では体へのリスクが無いナイトブラを紹介していますので、良かったら食事改善とナイトブラの、どちらも始めてみて下さいね。

 
  ナイトブラのおすすめランキングはコチラ

この記事のまとめ
  • 食べ物を変えることでもバストアップできる
  • バストアップできる成分には、イソフラボンやタンパク質などがある
  • ボロンやコラーゲン、ビタミンも、胸を大きくするのに効果的
  • バストアップには、キャベツと鶏肉のサラダや、豆腐とニンジンのしりしりがオススメ
  • アブラナ科の野菜や柑橘類などは、バストアップには逆効果