【30代・40代】ナイトブラは着けた方がいい?選び方は?

3,40代のナイトブラ

女性なら何歳になっても、外見も内面も美しくありたいですよね。

しかし気を付けてはいても、30代・40代になると姿勢が悪くなったり、脂肪がつきやすくなったりと、体に色々な変化があります。
 

胸に関しても、バストの位置が以前より下がったと感じることはありませんか?

「今からバストケアしても遅い」なんてことはありません。放っておくとさらに胸が垂れるため、気付いた時からケアすることが大切です。
 

今回は30代~40代のバスト事情と、バストケアについて紹介します。

30代、40代にはどんなバストケアが有効?

30代・40代になると体型が崩れやすくなりますが、実は胸の形も変化します。

10代、20代の時の胸と比べて、どんな変化があるのでしょうか?

30代・40代女性、胸にどんな変化がある?

20代まではハリのある上向きバストだったとしても、30~40代になるとバストトップが下向きになり、全体的に胸の位置が下がります。

バスト上部のボリュームも減り、胸が柔らかくなって、谷間ができにくくなります。
 

また妊娠すると、バストは脇の方に向かって大きくなるため、左右に離れやすくなります。

産後から授乳期にかけてはバストアップする事もありますが、約1年間の授乳期が終わると、バストは妊娠前のサイズに戻ります。
 

一度大きくなった胸が元のサイズが戻るため、皮ふが伸びてバストの形が崩れやすいのです。

30代・40代で胸の形が崩れるのはなぜ?

30代・40代のバストは、加齢によって崩れてしまいます。なぜ歳を取ると、バストが型崩れするのでしょうか?

詳しい原因は以下の通りです。

ホルモンバランスの変化

胸のハリは女性ホルモンの働きによって保たれており、女性ホルモンが分泌されることで乳腺が発達し、脂肪がつきやすくなります。

女性ホルモンの分泌量のピークは、20代半ば~30代前半といわれています。
 

その時期を過ぎるとホルモンの分泌量が落ち、40代のうちに、20代の分泌量の約半分まで減少します。そのため、胸のハリやボリュームが失われるのです。

また妊娠から出産を経て授乳期を過ぎるまでに、バストの大きさが変化するのも、ホルモンバランスの変化によるものです。

参考

年齢によるホルモン変化ホルモンケア推進プロジェクト

筋肉やコラーゲン組織の衰え

バストは乳腺や脂肪組織、「クーパー靭帯(じんたい)」と呼ばれるコラーゲン組織からできています。

クーパー靭帯は、乳腺をゴムのように皮膚や筋肉に繋ぎとめており、一度伸びたり切れたりすると、元には戻せません。
 

そのため普段から、バストをサポートする働きが弱いブラを着けていたり、姿勢が悪かったりすると、クーパー靭帯が伸びて、バストが垂れる原因になります。

ノーブラで寝るのも、寝返りを打った時などにバストが揺れるため、クーパー靭帯が伸びやすくなるのです。

さらに胸部の土台となる筋肉の「大胸筋」は、歳を取るごとに柔軟性がなくなって硬くなり、衰えてしまいます。
 

大胸筋が衰えると胸を支えられず、バストが垂れてきます。

バストが垂れるのを防ぐ方法は?

バストが垂れるのを防ぐには、女性ホルモンを増やすことや、しっかりバストを支えることが大切です。

具体的には、以下のような方法があります。

バストが垂れるのを防ぐ方法
  • バストアップに効果的な食品を摂る
  • バストアップサプリを飲む
  • 大胸筋をきたえる
  • 寝る時にナイトブラを着ける

女性ホルモンと似た働きをする成分の「イソフラボン」や「プエラリア」を摂ることで、乳腺が発達し、胸のハリを維持することができます。

イソフラボンは大豆などの食品から、プエラリアはバストアップサプリから摂取することができます。
 

またバストの土台となる大胸筋をきたえたり、クーパー靭帯が伸びないようにナイトブラを着けるのも効果的です。

どちらも胸をしっかり支えられるようになるため、前に掛かる負担が軽減し、姿勢を正すこともできます。
 

今回は、寝る時に着けるだけで胸の下垂(かすい)防止ができる、ナイトブラについて見ていきましょう。

ナイトブラにはどんな効果がある?

ナイトブラには、バストが垂れるのを防ぐ働きがあります。他には、どんな特徴や効果があるのでしょうか?

ナイトブラってどんなもの?

ナイトブラは寝る時の姿勢や胸の形を想定した作りになっており、寝苦しくないように、日中用のブラと違ってノンワイヤーでできています。

「寝ている時にバストを締め付けられたくない」という人もいますが、ナイトブラは胸が揺れないように安定させるため、着けてみると安眠効果を実感する人が多いです。
 

ナイトブラの形は、脇や背中の生地が広くなっているスポーツブラタイプや、ワイヤー入りのブラと同じようなタイプがあります。

縫い目が無い、シームレスタイプのナイトブラもあります。

ナイトブラには育乳や美乳効果がある

上記の通り、ナイトブラには安眠効果がありますが、以下のような効果もあります。

美乳(バストの形を整える)効果

30代~40代になると胸の形が崩れやすくなるため、日頃のケアが大切です。ナイトブラには、胸の形を整える働きがあります。

バストが垂れるのを防いだり、中央に寄せて胸が離れるのを防ぐ働きがあります。また寝ている間に、バストを潰してしまうのを防ぎます。

育乳(バストアップ)効果

ノーブラで寝るとバストが脇の方へと流れるため、胸が小さくなります。

しかしナイトブラを着けて寝ると、背中や脇の幅広い生地が、バスト周りのぜい肉を寄せ集めるため、バストアップが可能です。
 

胸の脂肪は形状記憶するため、バストを同じ位置で固定することで、ナイトブラを着けていない時の胸の位置も安定します。

また背中の幅広い生地には背筋を伸ばす働きがあるため、姿勢が良くなることで胸に栄養が行き届き、バストアップにつながります。
 

30代~40代でバストアップなんて!と思う人もいるかもしれませんが、ナイトブラの効果は女性ホルモンとは関係が無いため、年齢に関係なくバストアップできます。

30代・40代女性のナイトブラの選び方は?

30代~40代のナイトブラは、どのように選んだら良いのでしょうか?

程良い寄せ上げ効果があるものを選ぶ

バストを寄せ上げる効果が弱いナイトブラだと、バストが垂れやすくなります。

ブラトップやノンワイヤーブラは、胸を支える力が弱いため、着けていてもあまり効果がありません。
 

形の整ったバストをキープするためにも、程良い寄せ上げ効果のあるナイトブラを選びましょう。

逆に寄せ上げ効果がきつ過ぎると、今度はバストが潰れてしまう可能性があります。
 

正しいサイズのナイトブラを着けないと、育乳や美乳効果が出ないため、購入前にバストサイズを確認して下さい。

触り心地が良いものを選ぶ

ナイトブラは寝る時に着けるため、睡眠を妨げないように、着け心地が良いものを選ぶことが大切です。

そのため肌触りの良いナイトブラを選びましょう。
 

ナイトブラの生地の素材が合わないと、肌がかゆくなったり、あせもができたりする可能性があります。

肌トラブルが起きてしまうと、継続して着けるのが難しくなりますよね。
 

特に肌が弱い人は、コットンやシルクなどの天然素材の生地のナイトブラを選ぶのがオススメです。

また夏などの汗をかく時期にも着けたい場合や、汗をかきやすい体質の場合は、通気性が良いナイトブラもあります。

口コミを確認する

ナイトブラは、ネットでのみ販売されている商品が多いです。

ネットでナイトブラを購入する場合は、試着ができないだけでなく、メーカーのサイトにある情報だけでは、商品のデメリットに気付きづらいです。
 

実際使ってみた人のコメントを確認することで、サイズ感や着け心地、効果などを事前に把握できます。

単価の安さで選ぶのはNG

安いナイトブラの中には、バストアップや形を整える効果がほとんど無いものもあります。

ナイトブラは、安いものだと1枚2,000円以下のものもありますが、バストアップや形を整える効果があるものは、1枚3,000円前後であることが多いです。
 

効果が出るナイトブラを安く買いたいのであれば、単価が安いものを選ぶよりも、セット買いをする方がおすすめです。

ナイトブラはセット買いをすると送料が無料になったり、割引が適用になることもあります。
 

毎日使うのであれば2,3枚は必要なので、あとで買い足すよりも、まとめて買った方がお得になります。
 
 

以上、30代~40代のナイトブラの選び方について見ていきました。

胸が垂れるのを防ぐためにも、寝ている時にもナイトブラでバストケアしましょう。
 

胸の形を整える働きがあるナイトブラを、以下で紹介していますので、良かったら参考にして下さい。

 
  ナイトブラのおすすめランキングはコチラ

 

この記事のまとめ
  • 30代~40代のバストは、全体的に位置が下がり、上部のボリュームが減る
  • 胸が垂れるのは筋肉やコラーゲン組織の衰え、ホルモンバランスの変化が原因
  • バストアップに効果的な食品を摂ったり、大胸筋をきたえれば胸の下垂を防げる
  • ナイトブラには、バストアップや形を整える効果がある
  • 30代~40代のナイトブラは、程良い寄せ上げで肌触りが良いものを選ぶ